FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

(26話)解離性障害を経て~記憶が飛んだあの日

にほんブログ村 その他日記ブログへ



数日後

会社の寮だけあって
狭いキッチンで自炊するのは大変だけど
工夫すればそれなりになんとかなりもんだ。


折りたたみのテーブルの上には
手作り料理が並ばれていく。

スマホをいじりながらキッチンに目を向けては
つい、ニヤけてしまう。

謎女・・・いや

”彼女”はちょくちょく”家”にやってきて
飯を作ってくれるのだ。

母上様が連れ帰り
こんなトラブル続きの男にはもう合わせてはくれないだろうと思ったけど

それは単なる俺の早とちりだったんだ。

記憶はすっかりなくしたままで
戻る目処はついてないけど

こうして支えてくれる人がいるんだし
万が一、また記憶が飛んでしまっても心配はない。

眺めてるスマホに送られてくるLineには
「次の休みに見舞いに行く」って内容のメッセージが。

例の出会い系サイトで知り合ったというおっさん(B氏と呼ぼう)が
貴重な休みを割いてまで会いにくるっていうのだから驚きだ。

ほかにも

やはり例のサイトで知り合い
奈良からわざわざ車で駆けつけてくれた人までいる。
(ここではBスちゃん(♀)と呼ぼう)

彼女曰く、消えたほうがサイトで人間関係を大切にしていたことが
こういった繋がりをもたらしてくれるのだろう。

春にはB氏と、関東に住んでるHちゃんの4人で
オフ会しよう!って話が進んでいる。

(ちなみに、登録してたのはこのサイト


にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーサイト

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

baka

Author:baka
ココでは備忘録と「おふざけ記事」をあげてます(笑)


FC2:詳細プロフィール


メインHP「アフィ活」プロフィール


基礎の基礎っていうブログ


いらっしゃいませ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
最新コメント
最新トラックバック
アルバム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをQRコードで登録
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。