FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

(24話)18年前の『お 礼』

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 その他日記ブログへ
応援クリックお願いします!




《1999年4月9日たぶん6時頃》小倉駅~


ひとしきり泣いてから電車に乗った。

今にして思えば、あのとき渡された3.000円で
目的地である佐賀県は伊万里まで電車を使えば行けたのかもしれない。


ただ、一つ気になっていた事があり
進路を逸れて南へと向かった。

着いた先は温泉で有名な別府の地。
何か特別な思いがあった訳ではなく、とにかく風呂に入りたかった。

早ければ今日明日にも
ちかさんとの再会を果たすかもしれないというのに
この汗臭さでは...

辺りを見回し、温泉街の中へ入っていくと
くまなく入浴代の書かれた看板をチェックしていった。

少しでも安いところはとおもったが、対した差もなく
数軒回ったところでそのまま入ることにした。

ひと風呂浴びたことで気力も回復したようだ。
何気に気になって備え付けの体重計に乗ってみると...

『はい?』

思わず声が出てしまったのも無理はない。
この3日間で、体重は6キロも落ちていた。

あの事故以来、すっかり体がなまった挙句
随分とデブっていたから、この減量で標準体重を下回ったのは
言うまでもない。

どおりでズボンがガバガバなわけだ。




《4月9日お昼前だったか?》別府温泉~


せっかく風呂に入ってさっぱりしたというのに
暑さのせいなのか歩き続けたせいなのか
すっかり汗ばんでしまった。

だが今は、窓から入り込んでくる風が火照った体を冷やし
とても心地良かった。

いや、心地良く感じたのは他にも理由があったからか。

初老の男性「旅は道連れ、世は情けかあ」

先ほど軽トラに乗せてくれたこの男性
仕事帰りで佐賀へ戻るところだというのだから。

陽気な仕草を漂わせながらも何処となく落ち着いた雰囲気で
この旅で疲れた俺を労ってか、あまり話しかけてはこなかったのだが
何せ目的地を目の前に見据えた俺のこと

まあ、しゃべるしゃべる。

口火を切るとこの男性もそれにつられたように
どんどん話しかけてくれた。
そして気がつけば佐賀駅が見えてきた。

『ありがとうございました!』

これまでで、いちばん威勢の良い挨拶だったな。
しかし、ある重大なミスを犯していたことを
この直後、後悔する事となる...


にほんブログ村 その他日記ブログへ
この記事が面白いと思ったら応援クリックお願いします!
スポンサーサイト

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

baka

Author:baka
ココでは備忘録と「おふざけ記事」をあげてます(笑)


FC2:詳細プロフィール


メインHP「アフィ活」プロフィール


基礎の基礎っていうブログ


いらっしゃいませ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
最新コメント
最新トラックバック
アルバム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをQRコードで登録
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。